Top >  北海道・東北の温泉地 >  鎌先温泉(宮城県)

鎌先温泉(宮城県)

鎌先温泉(かまさきおんせん)は蔵王連峰の東南、宮城県白石市の郊外の山間にある温泉です。鎌先温泉の発見は草刈をしていた住民が、偶然見つけたものとされています。

鎌先温泉は昔から奥州の薬湯として有名で、火傷や傷に効果があるとされ、近年は交通事故の後遺症などの療養の為、温泉を訪れる人々が増えています。

鎌先温泉の近隣には、弥治郎こけし村(福岡八宮字弥冶郎北72-1・電話番号0224-26-3993)があり、他ではなかなか出来ない絵付けの体験が出来ます。


■泉質(温):弱食塩泉(43k~48度)
■効能:美肌作用・リウマチ・神経痛・打撲・火傷など
■場所:宮城県白石市福岡蔵本
■交通:自動車:東北自動車道白石インターチェンジより約7km
■交通:電車:東北本線白石駅で下車しバスで約20分
■問い合わせ:白石市商工観光課(0224-25-2111)

日常の忙しさを忘れて、たまには温泉でゆっくりしましょうね。一泊、二泊できればいうことなしですが、日帰り温泉でも十分休息できますよ!⇒⇒⇒ >>クチコミ情報付の温泉旅館・ホテル・日帰り温泉を検索してみましょう!


北海道・東北の温泉地

このカテゴリーは、北海道内・東北の温泉地の紹介です。

温泉大国日本、日本人は温泉が大好きな国民です。それと同時に日本人は勤勉な国民とも言われますが、健康あっての勤勉です。今度の休みには、骨を休めに温泉へ旅行しましょう!

日本は本当に体や心をを癒す、数々の素晴らしい温泉に恵まれている国です。

関連エントリー

銀婚湯温泉(北海道) 川湯温泉(北海道) ニセコ新見温泉(北海道) 酸ヶ湯温泉(青森県) 奥入瀬渓流温泉(青森県) 猿倉温泉(青森県) 谷地温泉(青森県) 後生掛温泉(秋田県) 玉川温泉(秋田県) 新玉川温泉(秋田県) 湯川温泉(岩手県) 花巻温泉(岩手県) 繋温泉(岩手県) 夏油温泉(岩手県) 瀬見温泉(山形県) 銀山温泉(山形県) 肘折温泉(山形県) 鳴子温泉(宮城県) 東鳴子温泉(宮城県) 鎌先温泉(宮城県) 湯岐温泉(福島県) 岩瀬湯本温泉(福島県) 高湯温泉(福島県) 幕川温泉(福島県)