Top >  北海道・東北の温泉地 >  瀬見温泉(山形県)

瀬見温泉(山形県)

瀬見温泉(せみおんせん)は、小国川の左岸に細長く続く静かな温泉地です。瀬見温泉の名前の由来は、弁慶がこの瀬見温泉を発見した事に始まり、瀬見温泉の瀬見は弁慶が愛用していたなぎなたである「せみ丸」から来ているのだそうです。

瀬見温泉には痔疾によいとされる「ふかし湯」があります。「ふかし湯」には蒸気が噴出している穴があり、そこの上へ痔の部分があたる様に寝て温めてあげます。

■泉質(温):ナトリウム・カルシウム塩化物・硫酸塩泉(63~68度)
■効能:神経痛・痔核・皮膚病など
■場所:山形県最上郡最上町
■交通:自動車:東北自動車道古川インターチェンジより約60km
■問い合わせ:瀬見温泉観光案内所(0233-42-2123)

日常の忙しさを忘れて、たまには温泉でゆっくりしましょうね。一泊、二泊できればいうことなしですが、日帰り温泉でも十分休息できますよ!⇒⇒⇒ >>クチコミ情報付の温泉旅館・ホテル・日帰り温泉を検索してみましょう!


北海道・東北の温泉地

このカテゴリーは、北海道内・東北の温泉地の紹介です。

温泉大国日本、日本人は温泉が大好きな国民です。それと同時に日本人は勤勉な国民とも言われますが、健康あっての勤勉です。今度の休みには、骨を休めに温泉へ旅行しましょう!

日本は本当に体や心をを癒す、数々の素晴らしい温泉に恵まれている国です。

関連エントリー

銀婚湯温泉(北海道) 川湯温泉(北海道) ニセコ新見温泉(北海道) 酸ヶ湯温泉(青森県) 奥入瀬渓流温泉(青森県) 猿倉温泉(青森県) 谷地温泉(青森県) 後生掛温泉(秋田県) 玉川温泉(秋田県) 新玉川温泉(秋田県) 湯川温泉(岩手県) 花巻温泉(岩手県) 繋温泉(岩手県) 夏油温泉(岩手県) 瀬見温泉(山形県) 銀山温泉(山形県) 肘折温泉(山形県) 鳴子温泉(宮城県) 東鳴子温泉(宮城県) 鎌先温泉(宮城県) 湯岐温泉(福島県) 岩瀬湯本温泉(福島県) 高湯温泉(福島県) 幕川温泉(福島県)