Top >  九州の温泉地 >  長湯温泉(大分県)

長湯温泉(大分県)

長湯温泉(ながゆおんせん)は、大分県の九重山麓の丘陵地にある温泉地です。温泉の源泉がある田園地帯が芹川に沿って点在しています。日帰りの入浴施設「御前湯」があり、気軽に日帰り温泉も楽しめます。

長湯温泉のお湯は33~43度と、温めのお湯と熱めのお湯があるのが特徴です。また、「心臓胃腸に血の薬」と詠われる日本一の炭酸泉でもあります。

■泉質(温):炭酸泉(33~43度)
■効能:(入浴)リウマチ・心臓病・冷え性・高血圧など
■効能:(飲用)痛風・糖尿病・胃腸病など
■場所:大分県直入郡直入町
■交通:自動車:大分自動車道湯布院インターチェンジより約33km
■交通:電車:日豊本線大分駅で下車しバスで約1時間50分
■問い合わせ:直入町観光係(0974-75-2211)

日常の忙しさを忘れて、たまには温泉でゆっくりしましょうね。一泊、二泊できればいうことなしですが、日帰り温泉でも十分休息できますよ!⇒⇒⇒ >>クチコミ情報付の温泉旅館・ホテル・日帰り温泉を検索してみましょう!


九州の温泉地

このカテゴリーは、九州の温泉地の紹介です。

温泉大国日本、日本人は温泉が大好きな国民です。それと同時に日本人は勤勉な国民とも言われますが、健康あっての勤勉です。今度の休みには、骨を休めに温泉へ旅行しましょう!

日本は本当に体や心をを癒す、数々の素晴らしい温泉に恵まれている国です。

関連エントリー

湯平温泉(大分県) 長湯温泉(大分県) 別府温泉郷(大分県) 地獄温泉(熊本県) 栗野岳温泉(鹿児島県) 妙見温泉(鹿児島県)