Top >  北海道・東北の温泉地 >  奥入瀬渓流温泉(青森県)

奥入瀬渓流温泉(青森県)

奥入瀬渓流温泉(おいらせけいりゅうおんせん)は、奥入瀬渓流と支流の蔦川が合流する焼山地区に位置している温泉地です。温泉の周りはカエデやブナなどの広葉樹が鬱蒼と生い茂っており、豊かな自然に囲まれた場所です。

温泉の周辺は遊歩道もきれいに整備されており、春には新緑を秋には紅葉を楽しみながら散策が楽しめます。

お湯は、猿倉温泉からの源泉100%の引湯です。猿倉温泉の高温の源泉を長湯を楽しめる様にと、ぬるめのお湯に温度調整がされています。

■泉質(温):硫化水素泉(70度)
■効能:アトピー性皮膚炎・皮膚病・痔疾・リウマチ・病後の療養など
■場所:青森県十和田市
■交通:自動車:東北自動車道小坂インターチェンジより約53km
■交通:電車:東北新幹線八戸駅で下車しバスで約1時間30分
■問い合わせ:十和田湖温泉郷観光協会(0176-74-2527)

日常の忙しさを忘れて、たまには温泉でゆっくりしましょうね。一泊、二泊できればいうことなしですが、日帰り温泉でも十分休息できますよ!⇒⇒⇒ >>クチコミ情報付の温泉旅館・ホテル・日帰り温泉を検索してみましょう!


北海道・東北の温泉地

このカテゴリーは、北海道内・東北の温泉地の紹介です。

温泉大国日本、日本人は温泉が大好きな国民です。それと同時に日本人は勤勉な国民とも言われますが、健康あっての勤勉です。今度の休みには、骨を休めに温泉へ旅行しましょう!

日本は本当に体や心をを癒す、数々の素晴らしい温泉に恵まれている国です。

関連エントリー

銀婚湯温泉(北海道) 川湯温泉(北海道) ニセコ新見温泉(北海道) 酸ヶ湯温泉(青森県) 奥入瀬渓流温泉(青森県) 猿倉温泉(青森県) 谷地温泉(青森県) 後生掛温泉(秋田県) 玉川温泉(秋田県) 新玉川温泉(秋田県) 湯川温泉(岩手県) 花巻温泉(岩手県) 繋温泉(岩手県) 夏油温泉(岩手県) 瀬見温泉(山形県) 銀山温泉(山形県) 肘折温泉(山形県) 鳴子温泉(宮城県) 東鳴子温泉(宮城県) 鎌先温泉(宮城県) 湯岐温泉(福島県) 岩瀬湯本温泉(福島県) 高湯温泉(福島県) 幕川温泉(福島県)